チャップアップは20代の若ハゲ君が使っても効果はある?成分を大分析!

20代でも、薄毛や抜け毛に悩んでいる人はいることでしょう。

薄毛や抜け毛の進行が本格化していることは珍しいかもしれません。

しかし、「今この調子なら、将来どうなってしまうのだろう?」と不安な気持ちを抱えている人もいると思います。

もし不安な気持ちが強いのであれば、20代からでも薄毛や抜け毛対策に取り組むことをおすすめします。

進行が本格化していないうちに対策を取ることができれば、コストも時間も抑えることが可能です。

本記事では、20代の人がチャップアップを使用した場合の効果や副作用について詳しく解説します。

この記事を読むとわかること
  • 20代がチャップアップを使用した場合、効果があるかどうか
  • 若い年代で薄毛は抜け毛が起こる理由
  • 20代がチャップアップを使用しても副作用が起きないのかどうか

20代で「まずい」と思ったらチャップアップを使おう

冒頭でも述べたように、20代という若い時期であっても薄毛や抜け毛の進行が始まることはあります。

もし20代で髪の毛の悩みやコンプレックスを抱えているのであれば、早急に対策しましょう。

早期の対策をおすすめする理由

なぜ早期の対策をおすすめするかというと、私自身が20代で薄毛が進行したものの、すぐに対策して上手くいった経験があるからです。

大学2年生の頃から、生え際とつむじが薄くなり始めました。

思い込みなどではなく、誰の目にも明らかに薄毛が進行していました。

額は広くなり、つむじは薄くなって、地肌がはっきりと見えるようになっていきました。

飲み会などでからかわれて、笑いのネタにされたことをよく覚えています。

当時は自分も笑ってごまかしてはいましたが、内心不愉快で悔しかったです。

友達とスポーツをしたり海へ行ったりはしませんでした。

汗や海水で髪が濡れると、より薄毛が目立ってしまうからです。

社会人になってからチャップアップに出会いました。

チャップアップを粘り強く使って、抜け毛、薄毛を改善することができ、ようやくコンプレックスから解放されました。

20代のうちにチャップアップに出会って、髪の毛にまつわる悩みを解消できて本当に良かったと思います。

もし20代で抜け毛や薄毛に悩んでいるのであれば、出来るだけ早くチャップアップを使って、対策することをおすすめします。

20代の薄毛の原因は何?

20代薄毛や抜け毛の多くの原因はAGA(男性型脱毛症)と言われています。

AGAは、「男性ホルモン(テストステロン)」と5αリダクターゼ呼ばれる還元酵素が結合することで起こります。

二つが結合すると、「ジヒドロテストステロン(DHT)」というまた別の男性ホルモンに変化します。

ジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結合すると、「髪の毛が抜ける」という現象が起こります。

以上がAGAのメカニズムです。

AGAになるかどうかは、テストステロンの分泌量やジヒドロテストステロンに対する抵抗力の強さによります。

もっとかみ砕いて言えば、遺伝的にAGAになりやすい人、なりにくい人がいるということです。

もしAGAになりやすい遺伝子を持っていたとすると、20代でAGAになってもおかしくありません。

以下は、年代別のAGA発症者の割合を示した表です。

20代:6%
30代:12%
40代:32%
50代:44%
60代:51%
70代:61%

実に20代のうち、20人に1人はAGAを発症しているということになります。

AGAになる原因は他にもある

ただし、AGAになる原因はさきほど紹介したメカニズムに限りません。

具体的には以下の要素もAGAの原因になります。

  • 過度なストレス
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • 頭皮の汚れ

以上の要素は、血行を悪くして発毛が上手くいかない、髪に栄養が回らず抜けやすいという状況を招きます。

チャップアップを使うだけではなく、上記した薄毛の原因になるような習慣を無くしていくことが非常に重要です。

チャップアップの成分は20代にも効果あり

結論から言えば、チャップアップは20代にも効果を示します

20代以下の人が使用した時に効き目が薄まるような成分は、チャップアップに含まれてはいません。

年齢によって効果が強まったり、弱まったりということは起こりません。

チャップアップが20代にもたらす効果

チャップアップは、65種類もの有効成分が含まれています。

これだけの種類の有効成分が入っている育毛剤は、競合他社にはありません

65種類の成分は、大きく分けて3つのグループに分けることができます。

1つ目は、「頭皮環境を改善」する成分。

2つ目は、「頭皮の血行を促進」する成分。

3つ目は「抜け毛を予防」する成分。

4つ目は「発毛を促進」する成分。

以下では、4グループの有効成分がもたらす作用について解説します。

成分効果①:頭皮環境を改善する成分

チャップアップに含まれている頭皮環境を改善する成分は、「アルニカエキス」「オドリコソウエキス」「オランダカラシエキス」などです。

これらの成分は、20代が抱えがちな頭皮のトラブルを解決してくれます。

20代は食欲が旺盛な時期であり、食事内容も脂質が多い方向に偏りがちです。

特に飲み会などに参加するも多く、揚げ物や肉類を食べる頻度もかなり高いでしょう。

脂質を摂りすぎると、頭皮から皮脂が過剰に分泌されます。

あまりにも皮脂が多いと、毛穴を詰まってしまい、髪の毛がうまく生えなくなってしまいます。

また、スポーツをしている、外回りの営業に出ているという場合は、紫外線によって頭皮にダメージがあります。

頭皮が乾燥して、「ふけ」が出たり、荒れて炎症が起こったりすることも珍しくありません。

ちなみに、偏った食生活もふけや炎症の原因となりえます。

しかし、チャップアップに含まれている頭皮環境を改善する成分はこれらの問題を解決してくれます。

頭皮をちょうどよく保湿して、ふけや炎症の発生を予防することが可能です。

さらに、余計な皮脂の分泌が原因である毛穴詰まりを解消してくれます。

このように頭皮環境をケアして、発毛しやすい状態を作り上げてくれます。

成分効果②:頭皮の血行を促進する成分

チャップアップに含まれている血行促進の成分は「センブリエキス」「M-034」「D-パントテニルアルコール」などです。

育毛・発毛をうながす上で、頭皮の血行を改善するということは、非常に重要です。

髪の毛は、食事から摂られる栄養素を主な材料として作られます。

食べ物から得られた栄養素は、血管を通って、毛母細胞まで送り届けられるようになっています。

毛母細胞とは、簡潔に言えば「髪の毛を作り出す細胞」です。

毛母細胞が多く栄養素を得ることで、発毛、育毛は促進されます。

したがって、「いかにして毛母細胞に対して効率的に栄養素を送り届けるか」が重要です。

もし、頭皮の血行が悪い状態になっていると、髪の毛を作るための栄養素が毛母細胞にうまく届きません

しかも、毛母細胞に栄養素が回るのは、体の中で最後です。

体中に回した栄養素の余りが毛母細胞に割り振られる、というメカニズムになっています。

以上のようなメカニズムになっているので、発毛に必要な栄養素は不足しがちです。

母毛細胞に栄養素が届かなければ、育毛や発毛が阻害されるのはもちろんのこと、作られる髪の毛の強度も悪化します。

強度が悪い髪の毛は、当然抜けやすくなります。

したがって、母毛細胞に栄養素を送り届けるための道筋である頭皮の血行を改善することが重要である、ということです。

チャップアップを使って、センブリエキスなどの有効成分を与えれば、頭皮の血行が改善します。

血行が改善されれば、毛母細胞に対して効率よく栄養素を送り届けられるようになります

このような状況を作れば、発毛の促進、髪の毛の強度を向上させることが可能です。

成分効果③:抜け毛を予防する成分

「オウゴンエキス」「ヒオウギ抽出液「ビワ葉エキス」などが抜け毛を予防する効果を持っています。

オウゴンエキスをはじめとした成分は、脱毛作用を引き起こす原因の一つである5αリダクターゼの活動を抑制します。

つまり、上記したAGA(男性型脱毛症)を予防することが可能です。

さきほども触れた通り、20代でAGAになるケースは決して珍しくはありません。

しかし、AGAを発症してしまったとしっても、チャップアップを使って脱毛を抑制することが可能です。

成分効果④:発毛を促進する成分

抜け毛を予防するだけでは、薄毛は改善されません。

髪の毛の生える、生える髪の毛の強度を高く保つということが重要です。

チャップアップに含まれている「M-034(海藻エキス)」は高い発毛促進の効果を持っています。

「M-034」は、薄毛治療に対して非常に有効であるとされる「ミノキシジル」に匹敵する効果があるとされています。

20代がチャップアップを使用した時の副作用は?

結論から言えば、20代がチャップアップを使って副作用が起こる可能性はほぼありません

チャップアップに含まれている成分は、すべて自然の中から抽出した安全なものであるからです。

実際に「チャップアップを使って副作用が起きた」という報告も全く見られません

チャップアップは厳しいテストをクリアしている

チャップアップは、さまざまなテストをクリアしています。

皮膚に塗った時に副作用が起こらないかどうかを確認するパッチテストで問題がないことがわかっています。

また、アレルギー反応が出ないかどうかというテストもクリア済です。

したがって、チャップアップを使って副作用が生じる可能性はかなり低いと言えます。

ミノキシジルやプロペシアも入っていないので安心

薄毛で悩んでいる方であれば、ミノキシジルやプロペシアという成分の名前を聞いたことがあるかと思います。

有名なところでは、リアップやロゲインなどこれらの成分が使われています。

ミノキシジルやプロペシアは育毛、発毛促進に高い効果を示しますが、一方で副作用を起こす場合もあります

具体的には、性欲の減や頭痛といった症状が、副作用として出る可能性があります。

一方、これらの成分は一切チャップアップには含まれていません。

チャップアップには、ミノキシジルに匹敵する発毛効果を持つM-034が含まれています。

当然、M-034には副作用のリスクがほとんどありません

したがって、チャップアップは「高い発毛効果を得られる上で副作用が出る可能性もほとんどない育毛剤である」ということが言えます。

ノコギリヤシの副作用は大丈夫なのか?

チャップアップにはノコギリヤシが含まれています。ノコギリヤシについては、副作用を心配する声がよく聞かれます。

結論から言えば、ノコギリヤシによって副作用が起こることはありません

米国にて、2012年にノコギリヤシについて大規模な臨床実験を行われました。

実験では、ノコギリヤシを多く摂取しても、有害性は認められなかったと報告されています。

まとめ

チャップアップは、20代の薄毛にも効果を示します

また、特別目立った副作用もありません

早めに薄毛対策をすることができれば、将来的にも髪の毛について心配する必要がなくなります。

20代で薄毛に悩んでいる人は、ぜひチャップアップで早めの対策を施しましょう。