チャップアップが効く人・効かない人の特長@効果が出るのはいつ?

今や育毛剤として盤石の地位を築き上げて「チャップアップ」。

実績や人気を集めている育毛剤ということで、「とりあえずチャップアップを使ってみよう」と考えている人を多いのではないでしょうか?

しかし、残念ながら全ての人がチャップアップで薄毛を改善できるというわけではありません

薄毛のタイプ関係なく、なんでも治してしまう……といような魔法の薬ではないのです。

「育毛剤」であるチャップアップでは改善することができないタイプの薄毛もあります。

本記事では、チャップアップの成分の働きやチャップアップで薄毛改善が期待できるパターン、効果が期待できない人などについて解説していきます。

チャップアップを購入した後に後悔しないように、しっかりと成分や効果、自分の薄毛の症状を照らしあわせておきましょう

チャップアップで薄毛を改善できるのか?

口コミやレビューサイトを見てみると、確かに「効果があった」という趣旨の投稿が多数見受けられます。
しかしながら、一方で、「あんまり効果がなかった」というようなコメントも見かけます。

その他の薄毛を扱ったホームページなどでも、「チャップアップを使っても意味はない」というような主張をしている場合があります。

結局、チャップアップは効果があるのかないのか、判断を付けづらいですよね。

結論からいうと、チャップアップは薄毛を改善する効果が期待できます

しかし、薄毛の種類や症状により、チャップアップが効かないケースがあるのも事実です。

チャップアップが効果を発揮できないタイプの薄毛症状を持っている人が、「チャップアップに効果がない」という意見を述べているわけです。

チャップアップに含まれている主成分のはたらき

チャップアップには、60種類以上に及ぶ有効成分が配合されています。

チャップアップに含まれている成分は、以下のように大きく分けて4つのカテゴリに分けることができます。

  • 頭皮環境を改善する成分
  • 頭皮の血行を促進させる成分
  • 抜け毛を予防する成分
  • 発毛を促進する成分

以上のようになっています。

各カテゴリに含まれている代表的な成分や、効能、メカニズムについて詳しく解説します。

まずはそれぞれの成分のはたらきを知ることが、チャップアップが有用かどうかを判断する上で重要です。

頭皮環境を改善する成分のはたらき

頭皮環境を改善する成分は、「オドリコソウエキス」などです。

食習慣や生活習慣が乱れると、頭皮に脂質が溜まり、発毛を阻害していまいます。

また、直射日光を受けることによって、皮膚がダメージを受けて「ふけ」が出たり、炎症が起こったりすることも。

ふけや炎症も、発毛を阻害してしまうので、出来るだけ防がなければいけません。

オドリコソウエキスなどの有効成分は、頭皮にほどよい湿度をもたらして、ふけや炎症を抑えます。

また、頭皮や毛根に詰まってしまった皮脂を除去する効果が期待できます。

頭皮環境を改善し、新しい髪の毛が生えやすいようにしてくれます

頭皮の血行を促進する成分のはたらき

血行促進の成分は「センブリエキス」「M-o34」などです。

血行と髪の毛が生えることに何の関係があるのか? と思う人もいるでしょう。

実は、育毛や発毛を促進する上で、頭皮の血行は非常に大切な存在です。

うまく血が回っていないと、髪の毛は育たない、つまり薄毛は改善しないということになります。

食べ物から得られた栄養素は、血管を経由して、「毛母細胞」という場所に送られます。

実は、髪の毛を生やす役割を果たしているのが、この「毛母細胞」です。

毛母細胞が十分な栄養素を取っていれば、髪の毛が生えやすい、というのはイメージがつくかと思います。

したがって、いかにして毛母細胞に栄養素を効率的に送り届けるかが重要になります。

センブリエキスやM-034は、より効率よく毛母細胞に栄養が届くように、頭皮の血行を促進してくれるのです。

抜け毛を予防する成分のはたらき

「オウゴンエキス」などの成分には、抜け毛を減らす効果が期待できます

抜け毛は「ジヒドロテストステロン」と「5αリダクターゼ」という物質が結合することで起こります。

オウゴンエキスなどは、両者の結合を阻害してくれます。

したがって、抜け毛を減らすことができる、というわけです。

発毛促進する成分のはたらき

おそらくチャップアップを使おうと思っている人の大半は、発毛促進効果を期待しているでしょう。

チャップアップに含まれている「M-o34」という成分は、発毛促進効果が期待できます

「M-o34」は、副作用が伴う薄毛改善の医薬品「フィナステリド」などに迫るほどの力を秘めています。

しかも、フィナステリドなどと比較して副作用が起こりづらいという、きわめて優れた有効成分です。

チャップアップで改善が期待できる薄毛・できない薄毛

以上で解説してきた主成分も含めて、有効成分が多数含まれているチャップアップ。

とはいえ、改善できる薄毛とそうでない薄毛があるというのは、冒頭で説明した通りです。

チャップアップで改善が期待できる薄毛とは?

まず「M字ハゲ」であればチャップアップで改善することができます。

M字ハゲになる要因は、全てチャップアップでカバーできるものばかりだからです。

毛根さえ生きていれば、M字ハゲの改善はかなり期待できるでしょう。

ただし、「毛根が死んでいる」部分に対しては効果がありません

毛根が死んでいるとは、すでに「毛母細胞が機能を失っている」「毛穴が閉塞しいている」などの状況を差します。

毛根が死んでいる部分については、チャップアップは効き目がありません。

また、頭頂部、後頭部の薄毛にも十分効果が期待できます

頭頂部や後頭部の薄毛の原因も、基本的には上記で解説した有効成分でカバーできる可能性が高いです。

進行度によっては多少時間が掛かる場合もありますが、根気よく使用を続けていれば結果は見えてくるでしょう。

チャップアップによる改善が期待できない薄毛について

逆に、チャップアップを使っても改善が期待できない場合もあります。

上記でも軽く触れましたが、「毛根が死んでいる」部分については、チャップアップは無力です。

放置されていた薄毛は、少しずつ毛母細胞が機能を失っていき、最後には毛根そのものが死滅して毛穴もふさがってしまいます。

チャップアップは、さきほども解説したように「頭皮の血行改善により、毛母細胞へと栄養素を回す」というメカニズムを発生させるものです。

したがって、そもそも毛母細胞自体が機能していないのであれば、血行が良くなったとしても意味がありません。

チャップアップには、死んだ毛根や毛母細胞を再生させることはできません

したがって、毛根が死んでいる部分についてはチャップアップを使用しても無意味であるということが言えます。

神経性脱毛」の場合も、チャップアップの効果はありません

神経性脱毛とは、過剰なストレスやホルモンバランスの変化、遺伝やアトピーを原因として起こる現象です。

しかし、チャップアップには、神経性脱毛が起こる原因に対して一切干渉することはできません。

10円ハゲなどはその典型です。

神経性脱毛を発症しているのであれば、全く別の治療法が必要になります。

チャップアップの効果が出るとしたら、いつぐらいになるのか?

冒頭でも触れたように、口コミサイトでは「チャップアップは効き目がない」という投稿が見受けられます。

しかし、「効き目がない」という趣旨の主張をしている投稿者のうち大半に共通するポイントがありました。

使用期間が1か月程度と短いのです。

チャップアップは1か月の使用では効果はまず出ない

中には、チャップアップを使用して1ヶ月で変化を感じた、という人も存在します。

「ヘアサイクル」というメカニズムを考えれば、1ヶ月では効果が現れることはまずありえません

ヘアサイクルとは髪の毛に関する減退、成長の周期のことです。

ヘアサイクルは通常、「成長期」「退行期」「休止期」に分けられます。

ヘアサイクルは3ヵ月ほどで一巡するメカニズムです。

新しい髪の毛は、休止期の毛根が再活動を始めることにより生えてきます。

したがって、チャップアップを使い始めて変化が発生するまでは、少なくとも3ヵ月の期間を要する、ということになります。

チャップアップは「最低でも3ヶ月は継続するように」と言われていますが、理由は上記の通りです。

6か月チャップアップを使用すれば、かなり期待できる

場合によっては、3ヶ月は経っても変化が出ているかどうかわからないケースもあります。

しかし、6か月も使用すれば、効果があるのかないのか完全にはっきりします

チャップアップの使用を使用して6か月もあれば、頭皮環境が改善され、毛母細胞にも栄養成分が行き渡っている可能性が高いです。

したがって、たいていの場合は何らかの変化が生じていることでしょう。

逆に6ヶ月間、毎日欠かさずチャップアップ使用していたのにも関わらず、変化がないこともないとは言えません。

ここまで来ても変化が感じられないのであればチャップアップが全く合っていない可能性が高いです。

チャップアップを1年間続ければ大きな効果が期待できる

3ヵ月や6か月の段階で変化が感じられなくとも、1年間も継続すれば、かなり大きな効果が期待できます
髪の毛の量、質とともにかなりの変化が出ていることでしょう。

ここまで来てもまだ変化が感じられないという場合は、ほぼ間違いなくチャップアップが症状に合っていません

チャップアップの使用をやめて、別の治療法を探しましょう。

まとめ

チャップアップは、使用した全ての人に対して効果が期待できるものではありません。

効果が期待できる人、そうでない人がいます。

  • M字ハゲ
  • 頭頂部の薄毛
  • 薄毛の初期段階

以上のような場合は、きちんと使い続けていれば高い効果が期待できるでしょう。

逆に、以下のような場合は効果が期待できません。

  • 治したい部分の毛根が死んでいる
  • 神経性脱毛である

自身の薄毛の原因がはっきりしていれば、チャップアップを使うべきかどうかの判断は簡単につきます。

薄毛の原因とチャップアップに含まれる主成分のはたらきを照らし合わせておいて、「買い損」しないようにしましょう。